不妊治療と向きあう女性のための情報サイト »  そもそも不妊鍼灸とは?基礎知識まとめ »  不妊鍼灸と美容鍼灸を同時に受けることができるのはなぜ?

不妊鍼灸と美容鍼灸を同時に受けることができるのはなぜ?

世界的に鍼灸治療の効果が注目されていますが、特に女性にとっては不妊鍼灸と美容鍼灸への関心が高くなっています。どちらも女性にとっては切実な問題なので、この2つの鍼灸を同時に受けられるのかどうか不安に思っている人も多いでしょう。そこで、なぜ2つを同時に受けても大丈夫なのか、そのメリットなどについて説明したいと思います。

不妊鍼灸と美容鍼灸を同時に受けられる理由

不妊の問題は子どもを望む女性にとって深刻な問題です。色々な治療法がありますが、その中でも注目されているのが不妊鍼灸です。速効性があるわけではありませんが、体質を改善することによって子どもが授かりやすくなります。

病院で不妊治療を行っている女性は多いと思いますが、医師の了解があれば不妊鍼灸を平行して行うことができます。これと同じで、美容鍼灸をしながら不妊鍼灸を平行して行うことができるのです。

その理由として、鍼灸は薬と違って副作用の心配がほぼないからです。投薬などの治療を受けている場合などは他の薬を飲むと副作用によって身体に悪影響が出る場合がありますが、鍼灸はその心配がありません。ですから、安心して美容鍼灸と不妊鍼灸を同時に受けることができます。

不妊鍼灸と美容鍼灸を同時にやるメリット

不妊鍼灸と美容鍼灸を同時に行っても心配ないというだけでなく、実は一緒に行うメリットがあるんです。

不妊治療というのは女性にとってかなりのストレスです。例え不妊鍼灸であっても、不妊治療をしているという現実が心の負担になるのです。一方、美容鍼灸というのは美しくなりたいというポジティブな目的があるので、ストレス解消になります。本来、鍼灸というのはストレスを解消する効果がありますが、美容鍼灸は特にその傾向が大きいのです。

ですから美容鍼灸をやることによって、不妊鍼灸で出やすいストレスを解消することができるわけです。2つの鍼灸を同時に受けることによってストレスを解消でき、それによってより妊娠しやすい体質に近づけることができるのです。

参考:不妊女性の精神的ストレスに対する鍼治療の有用性(平成2&3月):明治国際医療大学鉞灸学部 臨床鍼灸学 講座 田口玲奈(PDF)

不妊鍼灸と美容鍼灸を同時に行う時の注意点

鍼灸治療には副作用がないと説明しましたが、灸治療の場合はお灸の跡が残ってしまう可能性があります。このような場合はストレス解消どころか、ストレスが大きくなる不安があります。しかし現在の美容鍼灸では、跡が残りにくいお灸を使うのが一般的ですし、実際にそのようなお灸も開発されています。こちらを利用すれば、跡が残るというストレスはなくなり、不妊鍼灸と美容鍼灸を同時に行うメリット(ストレス解消効果)のみを得ることができるでしょう。

不妊鍼灸と美容鍼灸を同時に行う場合には、事前に上記のようなことを鍼灸師に相談すれば、適切な対応をしてくれるはずです。

不妊治療の実績豊富!おすすめ鍼灸院5選【大阪・京都・神戸版】