どんな効果があるの?

不妊鍼灸は、鍼灸を特にお腹や腰を温めたり、妊娠に関係の深い臓器の機能を高めたりする効果が期待できます。

不妊鍼灸の効果

不妊鍼灸はバランスの乱れた状態から、妊娠しやすい状態に無理なく整えることができます

同時に、肩こりや腰痛、頭痛、手足がむくむといった症状も改善しますし、顔色が良くなる、お肌の調子がよくなるといった効果も期待できます。

東洋医学の不妊鍼灸と西洋医学との違い

西洋医学と違って、東洋医学では全身のバランスをみます。

東洋医学である不妊鍼灸は、妊娠に関係する器官とはいえ子宮や卵巣だけではなく、「血の流れ」や「気の流れ」を良くして臓器の働きを整え、機能を高めていくことを考えて行います。

不妊に悩む方はからだが冷えていることが多く、そのため、骨盤内の血流が悪くなっています。肩こりがあったり、疲れやすいなどの症状がある方も多くみられます。そういった症状が続いていると、生理不順や、基礎体温を測っても低温期と高温期がハッキリしないといった状態になり、排卵にも影響が出てしまいます。

西洋医学的な治療だと、薬で排卵を促すといった方法を取るために、からだにとっては負担になることもあります。実際に注射などの治療でストレスや体調不良を感じている方も少なくありません。

不妊鍼灸でからだもお財布もあたたまる!

不妊鍼灸を続けると、からだがポカポカして体温もあがってくるため、自然と免疫力もあがって風邪などもひきにくくなります

めでたく妊娠できても、出産までの長い期間、赤ちゃんを大切に育てるには母体の健康が一番大切ですから、免疫力を高めておくことはとても重要なのです。

また、不妊鍼灸でめでたく妊娠できれば、医療機関で受けている高額な不妊治療の期間を短縮できるため、金銭的な負担の軽減にも役立ちます。

どんな治療なの?

具体的にはハリやお灸などを使って、人のからだにある、経絡という道のようなところを正しく刺激して、血流をよくしていきます。

ハリというと痛い、怖いという方もいらっしゃいますが、実際にはほとんど刺激を感じないような治療を行うところも多くあります。

より効果をあげるために

治療院によっては鍼灸に整体やアロマセラピー、漢方を取り入れるなど、より効果をあげて精神的にもリラックスできるような取り組みをしています。

やはり、体調を良くしていくためには精神的な安定も重要です。特に不妊治療には辛いことも多く、精神的に不安定になりがちです。

鍼灸治療は副作用がないことも安心の一つですが、アロマで癒されたり、話をしたり、触れられたりすることで心の疲れやコリがほぐれていくのも、実は大きな効果ではないかと思います。

大阪・京都・神戸限定
↓↓↓不妊治療で実績をあげている鍼灸院を見る↓↓↓

不妊治療の実績豊富!おすすめ鍼灸院5選【大阪・京都・神戸版】
             
高齢不妊と向き合う
女性のための情報サイト
mebae

今回は、不妊治療の効果が認められている「鍼灸」について、
鍼灸院やその選び方を詳しく解説しています。