期間はどれくらい?

不妊鍼灸は少しずつ、体質改善をしていくといった治療です。何よりも、継続することが大切です。

不妊鍼灸の治療期間の目安は?

多くの治療院が、実績として過去の患者さんが、どのくらいの期間で妊娠されたかといったことを公表していらっしゃいます。

ほとんどの方は、すでに不妊クリニックなどで治療を続けていて、結果がでないことで不妊鍼灸に通い始めたという状況ですので、不妊治療そのものの期間は、大きく差があるのですが、不妊鍼灸を始めて妊娠に至るまでは、平均すると6ヶ月程度のようです。

最低3ヶ月は継続することが大切

平均は約6ヶ月ですが、中には治療をはじめて3ヶ月以内に妊娠される方もいらっしゃいます。

もちろん、全員が早期に妊娠するわけではありません。

すでに慢性化しているからだの状態を改善するのに、最低でも3ヶ月はかかると言われていますので、まずは週に1回、60分から90分程度の治療と、食生活などの見直しを3ヶ月以上継続することが大切です。

今のからだの不調は体質にもよりますが、日々の食事や生活習慣などの積み重ねでできあがったもの。ほんの数回、ハリやお灸をしたところで、急に変化することはありえません。

そもそも、急な変化は自然ではありませんから、どこかで無理が生じ、違ったひずみがでてくるはずです。

当然、年齢も関係ありますし、環境の違いや不妊の原因にも関係がありますから、治療期間は人によってさまざまです。

人工授精を何度か試みていた方が、鍼灸治療をはじめて自然妊娠したケースもあります。

こういったケースをみると、東洋医学的なアプローチが妊娠する力を底上げし、後押ししているのではないかと考えられます。

ストレスが大敵

不妊治療をしている方の多くが、大きなストレスをためているように思います。

もちろん、身体的な負担もありますし、経済的にも負担は大きいですから、早く結果を出したいと考えるのは当たり前です。上手くいかなければ落ち込んでしまうのもわかります。

お友達に子どもができたニュースなど、焦りを生む要素もたくさんあります。

ただ、からだの調子を乱す一番の原因はストレスです

精神的に安定し、自分のペースになれた時、からだも自然に機能があがり、治癒力も免疫力もあがります。

鍼灸はリラックス効果も期待できますが、まずは自分で自分を縛るのをやめることから始めてみてはいかがでしょうか。

大阪・京都・神戸限定
↓↓↓不妊治療で実績をあげている鍼灸院を見る↓↓↓

不妊治療の実績豊富!おすすめ鍼灸院5選【大阪・京都・神戸版】
             
高齢不妊と向き合う
女性のための情報サイト
mebae

今回は、不妊治療の効果が認められている「鍼灸」について、
鍼灸院やその選び方を詳しく解説しています。