不妊治療と向きあう女性のための情報サイト »  クリニックと併用できる妊活一覧

クリニックと併用できる妊活一覧

なかなか子どもを授からないため、思い切って検査を受けたものの、ご夫婦ともにこれといった原因がみあたらない場合があります。

「原因がない」と言われてしまうと、治療などの対応策を考えることもできないのかとさらに悩まれる方も多いと思います。

ただ、この場合の原因がないというのは「西洋医学的にない」ということで、実際には赤ちゃんができにくい原因があると考えられます。

東洋医学的な視点で見てみると、病気ではないけれども健康でもない「未病」が原因の1つであると考えることができ、体質改善のためのさまざまな方法があります

不妊鍼灸など、実際に実績のある治療方法もあるため、試してみる価値はあると思います。

あきらめてしまう前に、西洋医学と東洋医学、2つの観点から自分のからだをみてもらってはいかがでしょうか。

鍼灸

ハリのイメージ

はりとお灸でツボを優しく刺激することで、全身のバランスを整えます。不妊に一番影響している冷え、血流の悪さを改善することで、骨盤内の血流の状態が良くなり、子宮や卵巣の働きも良くなっていきます。

不妊治療と併用することができ、鍼灸医療を始めて、平均6ヶ月くらいで結果があらわれるなど、実績をあげている治療法です。

不妊治療に取り入れられる鍼灸について詳しく見る▶

漢方

漢方のイメージ

鍼灸と同じく、からだ全体の調子を整えます。自然な生薬なので、からだに優しいところも良い点です。

病院などで処方されるのはエキス薬ですが、漢方薬局ではひとりひとりに合わせて煎じ薬をオーダーメイド。

基本的にクリニックなどでの治療と併用することは可能です。

不妊治療に取り入れられる漢方について詳しく見る▶

整体

 整体のイメージ

骨格のゆがみを手技などにより矯正します。女性の場合骨盤がゆがんでいることが多いですが、そのことが骨盤内の血流の悪さとなり、卵巣や子宮の働きまで悪くします。ゆがみを整えていくことで、血流量の改善、むくみの改善などが期待できます

不妊については研究がされていませんが、鍼灸など他の治療と合わせることで、効果が期待できます。

不妊治療に取り入れられる整体について詳しく見る▶

ヨガ

ヨガのイメージ

流行りのヨガも、不妊には効果が期待できます。ゆっくりしたヨガの呼吸法は、自律神経を整えることに役立ち、結果として代謝をアップさせます。さらに、血の巡りもよくして、からだをあたためます。

また、ポーズをとることで、内臓の位置が正しいところに戻るので、不妊の理由の1つとも言われる、子宮の前傾や後傾などが調整されます。

本人が無理をしてしまわないことが肝心で、軽い運動でリラックスできるレベルで行うと良いです。

不妊治療に取り入れられるヨガについて詳しく見る▶

アロマ

アロマオイルのイメージ

エッセンシャルオイルは子宮や卵巣に働きかけるものがあります。そういったオイルを使って機能アップをはかったり、精神的な安定をはかります。

クリニックの治療と併用するのは、治療中の体調不良やイライラや落ち込みといったメンタルケアの面からとても有効だと思います。

鍼灸などと組み合わせているところもありますが、効果的な方法だと言えるでしょう。

不妊治療に取り入れられるアロマについて詳しく見る▶

自分でできる!不妊に効くツボ

自分でもツボがわかれば、体調維持のためにセルフケアができます。寝る前の日課にするなど継続することで効果が期待できます。不妊に関係するツボの代表的なものを覚えておくと良いでしょう。

ここにあげた治療法は、基本的には「からだをあたためて妊娠しやすいからだをつくること」を目指しています。つまり、不妊には冷えが大敵ということです。

からだが温まることで、血流がよくなり、子宮などの働きが良くなるだけでなく、免疫力のアップ、自律神経の安定など、健康な状態になっていきます。

妊娠した後も、出産まで無事に赤ちゃんを育てられるからだにするために、からだを冷やさないようにしましょう。

自分でできる不妊治療のツボ押しについて詳しく見る▶

不妊治療の実績豊富!おすすめ鍼灸院5選【大阪・京都・神戸版】
             
高齢不妊と向き合う
女性のための情報サイト
mebae

今回は、不妊治療の効果が認められている「鍼灸」について、
鍼灸院やその選び方を詳しく解説しています。