鍼灸

高度な不妊治療と併用できる鍼灸治療についてご紹介します。

鍼灸治療は「からだづくり」

鍼灸治療の大きなメリットは「からだづくり」にあります。

不妊に悩んでいる方は、からだが冷えていたり、むくみがあったり、疲れやすかったりと「病気とはいかないまでも、からだが不調であること」が多くあるのだとか。

鍼灸は、からだ全体に起こっている不調が不妊を招いていると考え、からだを良い状態にすることを目指して治療していきます

西洋医学では、薬などで不妊の原因と思われるものの改善をする訳ですが、治療自体がからだに負担となるものも多くあります。

また、治療をうけても、受け入れるからだの状態が良くなければ、着床が難しかったりする状況になってしまいます。

不妊のための鍼灸治療は、土台となるからだを整えることで妊娠の確率をあげていくものなので、西洋医学の治療と併用してもまったく問題ありません。むしろ、併用することで妊娠率が上がることが米国の学会誌でも発表されています。

また、薬の投与などで負担のかかっているからだのメンテナンスができ、大きなリラックス効果で、精神的に不安定になりがちな不妊治療期間の助けになるものといえます。

具体的な治療方法は?

からだの気=生命エネルギーが巡っているといわれる「経絡」にそって、はりをおいたり、お灸で温めたりします。

東洋医学では「気」「血」「水」の3つの状態をみるのですが、からだの中の気の流れ、血の流れ、水の流れの乱れを、はりやお灸による治療で整えていきます。

はりというと「痛そう」「怖い」というイメージが強いかもしれませんが、実際にはほぼ痛みはありません。先が丸くなっていて、刺さらないタイプのはりを使う治療院もあります。

不妊鍼灸を始めたら結果が…!

実際に不妊治療と鍼灸治療を併用することで、妊娠することができた人の声をご紹介します。

  • 「不妊治療を始めて2年。薬や注射のせいで体調もすぐれず、卵の状態も良くないといわれてあきらめかけた時に鍼灸治療を始めました。その後で採卵した時に先生が驚くほど状態が良くなり、体調も気持ちもびっくりするほどよくなりました」(年齢不明 女性)
  • 「これといった原因もないのに子どもを授からず、もんもんとした日々でしたが、噂に聞いた鍼灸治療を始めたところ、2ヶ月後に妊娠。肩こりなど、それまでの不調も改善し、妊娠中も何事もなく過ごすことができました。お産も軽く、これも鍼灸治療のお陰だと感謝しています」(年齢不明 女性)

このように「鍼灸治療を始めてから結果が出た」という声も少なくありません。

鍼灸の良いところは、自分が何かをする訳ではないのに、体温が上がり、心もからだもほぐれてリラックスできるところです。

即効性はありませんが、続けることで体質改善をサポートしてくれることは間違いなさそう。不妊治療と並行して始めてみるのも良いかもしれません。

大阪・京都・神戸限定
↓↓↓不妊治療で実績をあげている鍼灸院を見る↓↓↓

不妊治療の実績豊富!おすすめ鍼灸院5選【大阪・京都・神戸版】
             
高齢不妊と向き合う
女性のための情報サイト
mebae

今回は、不妊治療の効果が認められている「鍼灸」について、
鍼灸院やその選び方を詳しく解説しています。