整体

クリニックの不妊治療と併用できる整体についてご紹介します。

不妊治療と併用できる整体とは

街の中でよく見かける整体院。骨格の矯正など、ゆがみを整える目的のお店です。

妊娠に関わる大切な器官はみな骨盤の中にあるため、骨盤がゆがんでいる状態だと、骨盤内の血の流れが悪くなり、器官の機能が落ちてしまいます。整体で骨盤のゆがみを治していくことで、血流がよくなり、機能が上がっていくことが期待できます

国家資格がないので注意が必要

ただ、ひとつ注意しておきたいのは、「整体」「カイロプラクティック」は国家資格があるわけではないので、誰でも行えるということです。

一方、あん摩、マッサージ指圧師、はり師、灸師、柔道整復師は国家資格が必要なため、治療行為もできます。

実際の施術では違いはわかりにくいと思いますが、不妊の治療が目的であることを考えると、やはり医療の知識を持ち、実績のある先生を選ぶことは大切だと思います。

不妊整体として研究している機関もないようですし、エビデンスという面できちんとデータが公開されていたりはしていません。

整体は鍼灸の「補助」として取り入れよう

鍼灸院などで、治療の一環として、効果をあげるために整体が取り入れられていることもあります。

この場合は、鍼灸の国家資格を持つ先生が、不妊治療の観点から適切な整体を組み込んでいますので、安全性は高いといえそうです。

はりやお灸だけでは、骨格のゆがみは矯正できないため、整体でゆがみの改善をすることで、より治療効果が期待できるとは考えられます。

鍼灸では、脊柱の歪みや関節のポジションを整えることができません。体をより流れの良い状態にするために、あくまで鍼灸サポートとして行うものが整体なのです。

整体を取り入れ妊娠したケースも

整体を取り入れることで、妊娠できたという人の声をご紹介します。

  • 「自分でもわかっていなかった体の不調をみつけて、改善してもらったのが良かったと思います。クイックマッサージなどに行っても全然治らなかった肩こりも、鍼灸と整体のおかげでなくなり、妊娠することができました。やはりじっくり改善しないダメなことがわかりました」(年齢不明 女性)
  • 「鍼灸と整体の治療をうけて、冷えや肩こりなどの症状が改善し、あきらめていた妊娠という素晴らしい結果までついてきました」(年齢不明 女性)

不妊治療は妊娠したら終わりではありません。無事に出産し、赤ちゃんを元気に育てていけるからだを維持することも大切です。

出産後も骨盤が開いたままの状態だと、腰痛やむくみなどの症状がでることがありますので、産後のむくみ対策として整体を取り入れる方も少なくありません。

正しい知識を持って、整体を治療に上手く取り入れれば、プラスの効果が期待できそうです。

大阪・京都・神戸限定
↓↓↓不妊治療で実績をあげている鍼灸院を見る↓↓↓

不妊治療の実績豊富!おすすめ鍼灸院5選【大阪・京都・神戸版】
             
高齢不妊と向き合う
女性のための情報サイト
mebae

今回は、不妊治療の効果が認められている「鍼灸」について、
鍼灸院やその選び方を詳しく解説しています。