不妊治療と向きあう女性のための情報サイト »  クリニックと併用できる妊活一覧 »  【Pick up】自分でできる!不妊に効くツボ

【Pick up】自分でできる!不妊に効くツボ

クリニックや鍼灸院での不妊治療は大切ですが、日々の暮らしを見直すことも大切です。このページでは自宅で簡単にできるセルフケアとして、押すだけでからだの不調に働きかける「おすすめのツボ」をご紹介します。

ツボ押しで日々の体調を整える

不妊治療は一朝一夕には結果がでないものです。

長年かかってできあがった今のからだの状態を改善していくためには、クリニックや鍼灸院などでの不妊治療も大切ですが、日々の食事や過ごし方を意識的に変えていくことが重要です。

鍼灸の治療をうけたあと、その状態を維持するためにツボ押しなどのセルフケアを取り入れると良いでしょう

東洋医学の考え方では、人のからだには多くのツボ(経穴)があります。その中から、子宮などの生殖器官に働きかけるツボをご紹介します。

妊娠するためには血のめぐりを良くしておくことも大切ですから、あわせて全身を整えるツボもご紹介したいと思います。

簡単にできるセルフケア~不妊に効くツボ~

三陰交

足のすねの内側、うちくるぶしの一番高い位置から指4本分上にある。

婦人科系に効果のあるツボ。冷え症にもいいです。

気海

おへそから指2本分下のところにある。

生理不順や生理痛、子宮疾患に良い。冷えからくる腹痛にも効果あり。

滋養強壮の作用もあります。

横骨

恥骨の上縁中央から左右5mmのあたり、卵巣の上にある。

卵巣の働きがよくなり、排卵を促すとされています。骨盤内の血流をよくする働きもあります。

曲骨

おへそからまっすぐ下、恥骨の少し上あたり、子宮の上にある。

子宮の働きを良くします。月経周期を整えたり、受精卵の着床をしやすくすると言われています。

次りょう

お尻の平らな骨にある、上から2番目の骨のくぼみにある。

骨盤内の血流をよくして、子宮と卵巣の働きを促します。

関元

おへそから指3本分下の位置にある。婦人科系の疾患に働くとされています。男性の生殖器にも働くツボです。

1日に1~2回くらい、少し痛みがあるけど気持ちいい…くらいの力で押します。お灸をしても良いでしょう。

就寝前のセルフケアを習慣化

ツボ押しに加えて、足の親指をもむのも、からだが温まって良いでしょう。毎晩、寝る前の習慣にして継続的にセルフケアを行うのがおすすめです。

ただし、ツボの位置をちゃんと見つけるのは、素人には難しいかもしれません。正しいツボの位置や力加減などは、鍼灸院でアドバイスをうけると良いと思います。

専門家にからだの調子を見てもらいながら、さらに効果を高めたり維持したりできるよう、セルフケアを上手に取り入れましょう。

大阪・京都・神戸限定
↓↓↓不妊治療で実績をあげている鍼灸院を見る↓↓↓

不妊治療の実績豊富!おすすめ鍼灸院5選【大阪・京都・神戸版】
             
高齢不妊と向き合う
女性のための情報サイト
mebae

今回は、不妊治療の効果が認められている「鍼灸」について、
鍼灸院やその選び方を詳しく解説しています。