ヨガ

クリニックの不妊治療と併用できるヨガについてご紹介します。

注目されている妊活ヨガ

年々、ヨガの人気は高くなり、ヨガスタジオも多くなりました。

そんなヨガ人気も手伝ってか、妊娠しやすいからだづくりを目的としたポーズを組み合わせた「妊活ヨガ」にも注目が集まっています

ヨガは不妊に効果があるのか?

ヨガは深く呼吸しながらゆっくりとポーズを取ることで、自律神経を整え、体温を高めることができます。

さらに、日常生活で行わないような動きをすることで内臓を動かし、内臓機能を活性化させる効果も期待できるとのこと。

ヨガのポーズには、内臓を正しい位置へと促す効果が期待できるため、不妊の原因の1つとされる「子宮の位置」へのアプローチとして、無理のない範囲で取り入れてみても良いかもしれません。

からだを動かすことでストレスを解消

ヨガのゆっくりした動きと呼吸法は、自律神経を整えるのに役立ちます

不妊に悩む女性は、冷え症や肩こりなど、からだが冷えてこわばりがちです。そのために血のめぐりが悪くなり、子宮や卵巣などの生殖器官に悪い影響を与えている可能性があります。

さらに、不妊の悩みなどのストレスで自律神経も乱れています。

こうした状態の人にとって、ヨガのリラックス効果はからだに良い影響を与えてくれるかもしれません。

クリニックの治療をうけながら併用するものとしては、適度な運動で得られるリラックス効果を考えても、ヨガのメリットは大きいと思います。

ヨガを取り入れ妊娠したという人も

ヨガを取り入れることでからだの調子が良くなったり、めでたく妊娠したという人の声をご紹介します。

  • 「不妊治療をはじめて、主治医にも適度な運動をすすめられました。運動と言っても何をやろうか悩んでいた所に妊活ヨガがあることを知り、通い始めました。不妊の悩みやストレスが少し解消され、効率的に体質改善ができそうです」(年齢不詳 女性)
  • 「妊活ヨガは同じ目的、悩みを持った人たちが取り組んでいるレッスンなのが良い所です。効く効くと心で思いながら、動いています。実際に妊娠することができ、効果を感じています」(年齢不詳 女性)

まだ不妊のためのレッスンをしているスタジオは少ないようですが、適度な運動を考えている方にはおすすめだと思います。ただ、治療の一環だ!と頑張りすぎてしまわないようにしないと。からだを温めるのが目的とはいえ、ホットヨガなどは不妊治療中には負担が大きいかもしれません。脱水症状の危険もあります。

何でもそうですが、自分でやるものだと、つい頑張って無理をしてしまうこともありますので、リラックスできる範囲で、考えることが重要です。

大阪・京都・神戸限定
↓↓↓不妊治療で実績をあげている鍼灸院を見る↓↓↓

不妊治療の実績豊富!おすすめ鍼灸院5選【大阪・京都・神戸版】
             
高齢不妊と向き合う
女性のための情報サイト
mebae

今回は、不妊治療の効果が認められている「鍼灸」について、
鍼灸院やその選び方を詳しく解説しています。