東洋の森

妊娠できる体にする5つのコースを用意。東洋の森の特徴や口コミ情報をまとめてご紹介しています。 

東洋の森の特徴

不妊鍼灸でも、患者さんの目的にあわせてコースを設定。それぞれに一番効果のあるツボをお灸やはりで治療します。

  1. 自然妊娠できる体を育てる
  2. 排卵障害・ホルモン値異常を改善する治療
  3. 人工授精の着床率を上げる治療
  4. 子宮内膜の改善治療
  5. 体外授精後の不育症や流産しにくい体を育てる治療

中心となるのはお灸ですが、もぐさを約1mmの大きさにひねることで、熱くないのに深く届かせることができます。また治療の終わりには温灸を渡し、自宅でできるツボを伝授。毎日のホームケアを合わせることで、より高い効果をあげています。

院長はこんな方

大学卒業後に鍼灸の道に入り、体全体をみる東洋医学に感銘をうける。東洋医学の研究に熱心で、鍼灸史学会や医史学会などで、学術論文を発表されています。

早くにからだの不調に気づき、病気になってしまうまえに治す「未病治」で多くの人に貢献したいと、お灸の教室を開いたり、不妊治療に関しても、お灸の効果などを広くしってもらうために、説明会や無料相談会などを積極的に開催しています。

体験者の声

  • 「体外受精で2度陽性反応確認までたどり着いたにもかかわらず流産してしまい、検査でも原因は見つからず途方に暮れていました。気持ちが落ち込む中体質改善を考え、不妊鍼灸を受けようと思ったのですが、鍼に抵抗があり色々な所に相談に行きました。お話に納得できたのと痛みのない安心な治療が決め手となり通院。5か月目に入り、先生からOKのサインが出て採卵から再び挑戦することになりました。順調に進み移植することができ、無事に初期流産を乗り越えられたところです。」(41歳 女性)
  • 「長年婦人科で不妊治療をしていたのですが、思うような結果がでず、もう妊活を終えようかと思っていた時、知人に紹介されたのが不妊鍼灸でした。最初は半信半疑でしたが、最初に私の年齢では10か月に一度正常な卵子が排出されるので良い状態で待ちましょうといわれたので、半年間はじっくり体質改善し、その後排卵や内膜のチェックのみ婦人科で行ってもらいタイミングで頑張りました。言われた通り自然妊娠ができ、トラブルなく出産できました。お灸のおかげと思っています。」(39歳 女性)
  • 「排卵誘発剤の副作用で内膜が薄くなるかもしれないとは聞いていたのですが、人工授精2回、体外受精2回後から子宮内膜が薄くなり移植ができない状態に。内膜改善コースがあると聞き、お灸は初めてでしたがお話を伺う事にしました。無料相談でお灸の説明や、内膜を改善させるツボについて詳しく話して頂き納得して治療を受けることが出来ました。三カ月の治療で3mm以上回復する事ができ、驚いております。今後は体外受精のコースでお世話になりたいと思います。」(41歳 女性) 
東洋の森
診療メニュー はり お灸
住所 京都市北区紫野上築山町36-1
足立ハイツ北大路1階
アクセス 地下鉄烏丸線 北大路駅 徒歩17分
バス 建勲神社前 徒歩1分
※駐車場有
営業時間 月11:30〜14:00 17:00〜18:00
火8:30〜14:00 17:00〜19:00
水8:30〜12:30 17:30〜20:00
木往診 往診
金11:30〜13:00 17:00〜19:00
土8:30〜12:30 15:00〜20:00
日10:30〜13:00
休診 祝日
金曜日の午後は女性専用となります

大阪・京都・神戸限定
↓↓↓不妊治療で実績をあげている鍼灸院を見る↓↓↓

不妊治療の実績豊富!おすすめ鍼灸院5選【大阪・京都・神戸版】
             
高齢不妊と向き合う
女性のための情報サイト
mebae

今回は、不妊治療の効果が認められている「鍼灸」について、
鍼灸院やその選び方を詳しく解説しています。